• むし歯
  • 歯周病
  • 抜歯
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
予防歯科、かかりつけ医、むし歯のことなら とよた歯科医院
〒815-0031
福岡市南区清水3-19-32太陽ビル1F

TEL:092-512-1877
FAX:092-512-1877

[昼休み] 13:00~14:00
[休診日] 日曜・祝日

当院へのアクセスはこちら
ご予約・お問い合わせ

HOME > かかりつけ医

かかりつけ医

かかりつけ医とは

かかりつけ医とは、日ごろから健康相談をしたり、病気になったときは初期の医療を行う地域の診療所や医師のことです。
歯が痛い、お口に異常がある、入れ歯の具合が悪い、などの症状があると思ったら、まず、私の歯科医院にきていただきたいと思います。
診察の結果、精密な検査やより高度な治療が必要な場合、適切な専門医療が受けられる医療機関を紹介いたします。

お口の中を見て何が判るのか

歯科医院は、主に歯の治療を日常はしています。ただ歯ぐきや舌の状態を観察することで、全身的な疾患を発見することもあります。

症例1
「女子中学生の歯ぐきが、全体的に腫れ少し黒ずんでいて、全体的に歯の生え際から出血している。」このようなケースがありました。普通、歯周病が重篤な場合も同じようなことがありますが、この方の場合、年齢が若い上、プラークの付着があまりなく歯石もみられませんでした。そこで血液疾患が疑われましたので、福岡赤十字病院へ紹介いたしました。そして検査の結果、急性白血病であることが判りました。

症例2
「舌の右側面に6×15mm程度の白い板状の腫瘤があり、癌化の恐れがありましたので九州大学病院を紹介いたしました。そして前癌病変の白板症とのことで切除手術がなされました。

症例3
二十代後半の女性、下の歯の内側の歯ぐきが、最近、でこぼこと膨らんできたとのこと。X線検査の結果、顎の骨の中に大きな空洞ができていました。そこで九州中央病院を紹介いたしました。そしてエナメル上皮腫ということが判り、手術されました。

症例4
通常ざらざらしている舌の表面がつるつるしている場合、これは舌乳頭が萎縮して平滑になっているもので、鉄欠乏性貧血が考えられます。鉄剤の服用が必要です。


紹介先病院

  • 九州大学病院
    白板症の切除、骨に深く埋まった親知らずの抜歯、歯の根の治療(難治性のもの)、難治性の顎関節症、などを過去に紹介しました。

  • 九州中央病院 歯科口腔外科
    骨に深く埋まった親知らずの抜歯、エナメル上皮腫(顎の骨の中の腫瘍)の治療、味覚障害、などを紹介しました。

  • 福岡赤十字病院 歯科
    骨に深く埋まった親知らずの抜歯、高齢心臓病患者の抜歯、抜歯後の止血不良、などを紹介しました。

  • 佐賀大学医学部附属病院
    患者が特にこの病院で「抜歯後の予後不良の治療」を希望したため紹介しました。

  • 福岡大学病院
    患者が特にこの病院で「骨に深く埋まった親知らずの抜歯」を希望したため紹介しました。

このページのトップへ